ワールドカップを筋肉目線で見る① ロメル・ルカク(ベルギー)

SOCHI, RUSSIA - JUNE 18: Romelu Lukaku of Belgium celebrates after scoring his team's second goal during the 2018 FIFA World Cup Russia group G match between Belgium and Panama at Fisht Stadium on June 18, 2018 in Sochi, Russia. (Photo by Patrick Smith - FIFA/FIFA via Getty Images)
スポーツ
スポンサーリンク

みなさんロシアワールドカップたのしんでますか?
僕は毎日寝不足の日々です!!
普段サッカーを見ない人も熱狂してしまうのがこのワールドカップですよね・・・
しかしあんまりサッカー選手を知らなくていまいち楽しめていない人も多いかもしれません!
そこでこんかいは! 僕の独断で筋肉目線から注目選手をピックアップしました!
筋肉がすごいサッカー選手はクリスティアーノロナウドだけではないのです!

ロメル・ルカク

 

ベルギーと聞いてサッカーが強いと感じる人はなかなかのサッカー好きで、普通のひとはあまりピンとこないと思います。
しかし今やベルギーはワールドカップ屈指のスター軍団と呼ばれ、あの欧州予選を無敗で突破し、現在FIFAランキング3位の超強豪国です。もちろんワールドカップの優勝候補としても挙げられています。

今回はそんなベルギーから代表最多ゴール数を更新し続けるエースストライカーを紹介します。その名もロメル・ルカク。まさに怪物といって過言はないでしょう。

本名 :ロメル・メナマ・ルカク
国籍 :ベルギー
生年月日:1993年5月13日(25歳)
身長 :193センチ
体重 :93キロ
在籍チーム:マンチェスターユナイテッド
ポジション:フォワード
利き足:右

プロフィールだけでやばさがわかりますね(;^_^A
身長193センチ、94キロ!

次は動画や写真とともにルカクを紹介していきます

ルカクの筋肉画像

 

身長193センチで94キロがどれだけでかいか想像できますか?以前番組でタレントのJOYさんがルカクのことを“大型の冷蔵庫だ”って言ってました。すさまじい存在感です。筋肉を見てみるとかなりのマッチョですが、無駄がなく引き締まっています。これもサッカー選手の特徴で前側よりも後ろの筋肉が発達しており、まさにサッカー用の筋肉といえます。

 

この画像でルカクのでかさが伝わると思いますね!
日本代表の香川選手が手前におり、奥に映るルカクが遠近法で小さくなるはずが、圧倒的にでかいですね

ルカクのプレー動画

ルカクのフォワードのタイプとしてはまさに重戦車といえるでしょう。恵まれた体格を生かしてぐんぐんとディフェンスラインを突破してってます


しかしこれを見てもらうとルカクはフィジカルだけではないことがわかると思います。
このフィジカルに加え、スピードもそしてテクニックを兼ね備えています。まさに怪物!
一昔前のポストプレーに徹するでかいだけのフォワードが重宝される時代は終わり、ルカクのようにポストプレーも個人突破も全て兼ね備える万能型ストライカーが今の現代サッカーでは必要なようです。

そんなルカクはなんとまだ25歳。
なんと16歳でプロデビューするとその年にベルギーリーグで得点王となります。そして名将モウリーニョに見いだされ、プレミアリーグの名門チェルシーに18歳で移籍します。しかしチェルシーでは目立った活躍はできずその後プレミアリーグのクラブを転々とすると2014年にエバートンの10番として開花。そして2017年にイギリス史上二番目の移籍金110億円でこちらも名門マンチェスターユナイテッドに移籍し、絶対的なエースとして活躍しています。
チェルシーで挫折を味わい、また成長して現在ライバルチームであるマンチェスターユナイテッドで活躍しているなんてかっこよすぎですね。
ワールドカップが終わっても目が離せません!!

差別との戦い

そんなルカクですが差別とも戦っています。プレミアリーグでもルカクに差別チャントが向けられることもしばしばあります。
BBCのインタビューでもユース時代に相手チームの親から試合に出ないようにされていたことも明かしています。貧困な家庭に育ち、家ではネズミが走り回り、テレビでサッカーの試合も見れない環境でした。そしてサッカー選手として稼ぐことで家庭を現在でも支えています。
そんなルカクはベルギー史でthe best player になりたいと話しています。それはあくまでもthe bestにこだわり、goodでもbetterでもだめだそうです。

差別や貧困による悔しい気持ちを反骨心にかえ、彼は国を背負って戦っています。今回のワールドカップで主役候補のルカク、得点王も夢ではありません。ぜひ彼の筋肉のみならずプレーにも注目してワールドカップを一層楽しんでください!!

スポンサーリンク