フィジークとは?ボディビルとの違いなど徹底解説!

コラム
スポンサーリンク

こんにちは MUSCLE LABO編集部です。

ここ数年盛り上がっている競技の一つに「フィジーク」があります。
フィジークの大会を目標に身体を鍛えているという方も、多いのではないでしょうか?
東京など関東のジムなら相当数いますし、地方のジムでもかなりいます。
それほど人気のフィジークですが、一体どのような競技なのでしょうか?
フィジークとボディビルとの違いが、はっきり分からないという方も多いと思います。
今回は、そんなフィジークについて紹介していきます!

フィジークとは?美しい肉体を競う競技


フィジーク(physique)は、もともとアメリカで2010年頃から始まった競技です。
以前は肉体をコンテストするような競技といえば、ボディビルしかありませんでした。
ボディビルは肥大した大きな筋肉や、カットを競う競技ですが、フィジークはボディビルとは違い筋肉が大きければ良いという競技ではありません。
アメリカではNPCやIFBBという団体がコンテストを開催しており、ここでフィジークのトップ選手たちが競い合っています。日本だとNPCJなどです。
フィジークの選手の身体的な特徴としては、絞れたウェスト、大きな肩、引き締まった脚といったようにバランスが取れたかっこいい肉体という事になります。シェイプや絞りなどが非常に重視されます。
逆に大きすぎる筋肉は、減点の対象となり、ボディビルとは明らかに評価の基準が違います。脚の筋肉に対して、ボディビルでは厳しく判断するのがフィジークではあまりないです。
アメリカでは団体によっては脚の評価も行うようですが、一般的にはあまり必要ないと考えられていますね。ここがボディビルとの大きな違いで、上半身はバルクこそ違うものの鍛え抜かれた筋肉をボディビル選手もフィジーク選手も持っていますが、下半身が全然違います。
コンテストの際も、ブーメランパンツでジャッジされるボディビルとは違い、フィジークはサーフパンツでジャッジされます。

一般的な考えだと、トレーニングをしていない一般人が見てかっこいいと感じるのがフィジーク、ゴツゴツしていて、いかにもマッチョと思うのがボディビルという感じです。
フィジーク選手は比較的、若い方が多く目指していたり、ファッションへのこだわりも強いイメージがあります。それがフィジークのお洒落なイメージとなり、日本でも爆発的に人気が出ています!

海外トップフィジーカー jeff seid ジェフシード特集

スポンサーリンク

日本でのフィジークの盛り上がり

海外でのフィジーク人気が高まると、日本でもフィジーク熱が高まってきました。特にここ数年の盛り上がりは凄まじい勢いです!
そのきっかけとなったのが、ベストボディジャパンです。日本全国各地で、予選大会を行い、最終的に日本大会で頂点を決めます。
全国の数十の場所で予選を開いているというのも非常に参加しやすく、今まで目的なくトレーニングしていた方々に火を付けました。

ボディビルの大会に出るほどは、筋肉量はないけども普段ジムで鍛えている結果を何かで試したいと考えていたトレーニー達の受け皿となったのが、このようなフィジークのコンテストと考えることが出来ます。


ベストボディジャパンが、開催され始めて爆発的にフィジークの人気は高まったと言っても過言ではないです。

そのベストボディジャパンも、4つのコンテストに分かれていて、それぞれ特徴が有ります。

ベストボディ・ジャパン
ベストフィジークジャパン&ベストビキニジャパン
ミスターモデルジャパン
ベストボディ・モデル

この4つです。
それぞれ評価基準が違い、ルックスを競ったり腹筋を競ったりと様々なルールがあります。つまりムキムキの筋肉を持っていない方でも参加しやすくなり、美を争うという新たな価値観も生まれてきました。
ベストボディジャパン公式サイト

日本国内で行われるフィジークの大会

フィジークの大会一覧
JBBF(メンズフィジーク&フィットネスビキニ)
NPCJ(フィジーク、ビキニ)
ベストボディジャパン
サマースタイルアワード
USBB-JAPAN

このような種類の大会があるので気になっている方は、さらに調べてみてください!
ベストボディジャパンは各地で大会を行っていますので、鍛えたら地方大会からチャレンジしてみるのもありかもしれません!

スポンサーリンク